10号線沿いのルピナスパークから車で3分、川南町で養豚を営む宮崎第一ファーム直営となる「ゲシュマック」は、

ハム・ソーセージーを販売しています。

ゲシュマック店を切り盛りする山道洋平さん。

お父様が養豚をやり、その豚を引き取って加工するという洋平さんは、食肉の専門学校に進みました。

その後、本場のドイツのミュンヘンのマイスターのもとで有名なハムソーセージ生産者さんの所で厳しい修行をしていました。

a0002_011703

 

ドイツ食肉加工コンテストで金賞を受賞し、その味は本場でも認められています。

豚に餌のコーンは与えずに餌のマイロ(コーリャン)を中心に麦・焼酎醗酵カスなどを与えています。

スペシャル配合を与えて育った豚を「あじ豚」というブランド名で売り出しています。

店内には商品直売だけでなくレストランもあるので、その場で味わうこともできます。

ランチ価格1,080円(ミニ前菜・サラダ・スープ・ライスorパン付)がおすすめです。